3月といえば北国方面であれば、まだ雪が降ったり積もったりしている時期です。
私の出身は青森ですので、3月の学生時代の卒業式といえば、まだ白銀の世界で白い息を吐き出しながら登校していたのを思い出します。

日本という島国はたてに長い国なので雪積もる場所があれば、同じ季節に海開きしてしまう場所もあります。
そう、その場所は近年脚光を浴びている南国石垣島です。

石垣島は元々琉球という国でしたが、戦争でアメリカ領土になりましたが、現在は日本の領土です。
元々が外国ですので、やはり、日本本土とは天候が違い四季がはっきりしている日本のような気候ではなく、乾季、雨季のような気候です。
乾季の一番初めの月が3月といった所でしょうか?

毎年3月の中旬になると石垣島や小浜島、竹富島など八重山で海開きが行われます。
また日によって肌寒い日もあるのですが、テレビでは裸で海に入る元気な子供達の姿を見ることができます。

前述の通り3月といえば卒業のシーズン、長い間苦楽を共にした仲間たちとのお別れと新しい出会いの月です。
3月は沖縄のトップシーズンではないので、旅行代金も比較的安い3月の石垣島。

ぜひ、一足早い春の卒業旅行を満喫してみてはいかがでしょうか?

こちらからご参照下さい。→3月の卒業旅行は南の楽園石垣島で

関連記事

    None Found